手の平のヒーローじゃ無い

黄金戦士ゴールドライタン
超合金魂 GX-32 ゴールドライタン
またバンダイがやってくれました。 単に人気キャラであれば良い。作品への愛の無い商品を増やしています。そんな一つ。 このプロポーションは、ヒロ君の手の平で会話する、あのゴールドライタンでは無くて、巨大ライタンの方なのね。 額の「◆」マークは開かないのか? で、中にヒロ君フィギュア(米粒大)。
 「ガラスの艦隊」を久々に観たら、オープニングアニメが付いていた。やっぱ初回数では間に合ってなかっただけか。 しかし、あのキャラやデザインで、見るからに作画ヘボイローテーションのが入るのは辛いな。「アクエリオン」も4回に1回くらいは韓国作画だったな。これも辛いな。なぜか「ノエイン」だけは、全話通してがんばっていたけど。 製作会社のサテライトは、体力無い割には、背伸びして「ああいうの」作っちゃうよなぁ。 ゴンゾも体力が無い。 つーか、サンライズ並に手広くやってる割に、実働スタッフ少ないのか?会社が手広くやってる割に、トータルでのクオリティコントロールがダメすぎだし。